営業ベタな人のための自分販促術 vol.2

・商品を作ろう!
・商品化ってどういうこと?

 「営業ベタな人のための 自分販促術」第2回

商品を作ろう!

というわけで、今回は商品づくりについて
お話したいと思います☆

まず、営業なしで仕事を得るには
「それちょうだい」と言ってもらえる

商品・サービスがあるとめっちゃ楽!
なわけです。

キタデザインのお取引先が、5社から200社以上に広がった
理由はここにあると言っても良いくらいですね^_^

 

ちなみに、商品がない時の名刺は・・・・

うーーーーん
ええ奴そうやけどなぁ・・・
一体、何を頼めばいいの?
って感じですよねぇ^_^;

 

そして、現在の名刺

だいぶ分かりやすいのではないでしょうか☆

 

見比べていただくと、皆さまにも商品が「ある時」と「ない時」の

お客様の気持ちが、なんとなく伝わったのではないかと思います^^

では本題・・・

 

商品を作ろう!その1/足し算してみよう!

商品作りの一番カンタンな方法といえば、

 

今の仕事に何かを足すこと
ではないでしょうか?

そこで僕は

「何か新しい事を勉強して、商品に生かしてみよう!」
と、思ったのですが

なにごとも、新しいスキルを得ようと思ったら、

毎日3時間続けた場合でも、習得に10年かかる

らしいんです・・・

 

そんなに時間がかかっちゃったら、

商品ができる前に干上がってしまいますよねぇ^_^:

 

 

 

そんな時に、手っ取り早くて確実なのが

過去から実績の多い能力を探して来て
今の仕事に足すこと☆です!

 

 

過去の実績というのは、例えば


・これまでの職歴

・趣味、特技

・子供のころ夢中になっていたこと

・長く続けてきたこと

・ずっと興味のあったこと

・一番注文が多いもの

 

などなどです。

 

 

ちなみに、僕の場合ですと

子供の頃から描いてた「マンガ」

 +

3年間で比較的
頼まれていた販促ツール「チラシ」

 =
『まんがチラシ』!!

と、いった具合ですね☆

 

 

商品を作ろう!その2/パッケージ化してみよう!

商品づくりとして、パッケージ化も

手っ取り早いのではないでしょうか☆

 


ちなみに、僕の言うパッケージ化というのは、
地域や業種、性別・年齢などで、お客様層を絞って
自分が出来る多くの業務の中から

ふさわしい内容でセレクトして、セットにして売る方法です。

 


例えば・・・
・40代フリーランス専門の保険パック
 例)数多ある保険商品から、40代の個人事業主に必要そうな商品だけを選んでセットに


・化粧品通販専門のデザインツールパック
 例)化粧品通販の新規獲得からリピートまでの販促ツール制作をセットに

などなど。

 

うーん、

パッケージの名前を聞いただけで、商品内容も想像できますね^_^

 


他にもパッケージ化は、「売りやすい」ということ以外にも、

お客様層を絞るメリットとして、広告費の集中・削減、

コミュニティの構築、口コミ、ネット検索など多くあります。
特に小規模な事業者は、やらない手はないですね。

 

それに同じような商品なら、自分に特化された商品を買ったほうが

良さそうな気がしますもん^_^

 

商品を作ろう!その3/頼まれた仕事は とにかく商品化してみる

3つ目にご紹介するのが、これ。

 

頼まれた仕事は、とにかく商品化してみる!!

 

これが、一番確実なんじゃないでしょうか。

なぜかというと、

これまで自分を選んでくれたお客様が

直接オーダーメイドで頼んでくれるんだから

他のお客様にも売れる確率が高い!!


実は『まんがチラシ』は、このパターン。

 
商品を作る際に、

「現在の仕事」+「
マンガ」というキーワードは出ていたのですが

いきなりマンガチラシが完成したわけではなく、

実は、頼まれた仕事を

とりあえずやってみた結果だったんです。

 

しかし、そこに至るまでは色んな商品を作ってみて、

売れずに消えて言った思い出も数知れず・・・

 

 

ちなみに『まんがチラシ』の一つ前の商品は、

経営理念をA4一枚にまとめた「まんが経営理念」でした。

これを見たお客様が

「今度作るチラシを、まんが経営理念みたいなやつにして欲しい」と

お声をかけてくださったのがきっかけで『まんがチラシ』が誕生し、
そのチラシを見た、他のお客様が「ウチも欲しい」と、次々に繋がっていき
現在に至るわけなんです。
↓↓↓↓

他にも

・ホームページの商品に一声かけてくれる「かけ声イラスト」

・家族への手紙を絵本にする「手紙絵本」

・贈る人限定「感謝のポストカード」や
まだ売ってますが「人間くさいホームページ」
「人間くさいパンフレット」など
色々な商品を作っては失敗してきました。

そうやってバンバン投げ続けた結果

お客様から

「これ出来るんやったら、こんなんできない?」 が、出て

さらには、売れる商品に繋がっていったのです^_^

 

で、商品化って具体的にどういうこと?

サービスに名前と価格をつけること

僕が考える商品化とは、


サービスに名前と価格を

つけることから始まります。

 

では、名前と価格があると、どんなメリットがあるのでしょうか?


●名前があると・・・

お客様: 検索しやすい、紹介しやすい、覚えやすい

わたし: 伝えやすい、覚えてもらいやすい、思い出されやすい、口コミにつながる

 

●価格があると・・・

お客様: 安心する、社内で比較検討しやすい

わたし: 見積もりの苦労がなくなる、値引きを断る理由になる

 

例えば、明確に価格が書いてあるサイトと

一切価格が書いてないサイトたったら

書いてある方が親切だし、安心ですよね^_^


こうして、お客様が欲しがり、得意分野を生かし、
価格と名前のついた商品ができたおかげで

インターネットでの全国受注が可能になり、

お客様の輪が広がるきっかけになったわけなんです。

 

得意を生かして、さらなる商品の強化をしよう!

 

仕事を動詞で分解して、

商品特徴を強化しよう!

 

・・・って書くとなんだかややこしいですが

僕らの仕事って、いろんな作業が集まって

1つの仕事になっている事が多いと思うんです。

 

たとえば、

マンガを使ったデザインの仕事ならば

話を聴く
 ↓

まとめる

 ↓
つなげる

 ↓

膨らます 

 ↓
気づかせる
 ↓
柔らかくする

 ↓

文章を書く

 ↓

絵を描く

 ↓

伝える

みたいな感じの仕事に分かれる。
で、その中で

・やりがいを感じるのは、どの部分?
・相手が一番喜んでくれたのは、どの部分?
・自信があるのは、どの部分?

といった具合に、その部分を強調することによって

同業者との差別化をする事ができて、なおかつ楽しい!
という現象が起こったりします^_^

 

売り出す前に、1つは実績を作ろう!

だいたいここまでが商品づくりに関する

僕の体験なのですが、

 


最後にもう1つ!

 

 

商品は、必ず理想のお客様に近い方に

モニターになってもらい、

最低1つは実績を作りましょう。

そして、必ずアンケート(お客様の声)をもらい
販促ツールに生かしましょう。

実績のない商品は、

信憑性に天地の差があります。

 

 

と、なんか厳しいことを言ったみたいになったところで、
「商品づくり」のお話はここまで☆

長々とお読みいただき、ありがとうございました^_^

次回、営業ベタな人のための自分販促術 vol.3は、

「人生の棚卸し」です。お楽しみに^_^

 

以上、まんが販促のキタデザインでした!!

 

//前回までのあらすじ//
営業ベタな人のための自分販促術 vol.1