まんがチラシ、まんがパンフレット、まんがホームページ〜わかりやすく、楽しくまんがで伝えます!特にBtoCには、マンガが強い! あなたの想いを引き出し・かみくだき、楽しい“まんがチラシ・まんがパンフレット・まんがホームページ”で表現します。その想い、きっと伝える!!
まんがチラシ、まんがパンフレット、まんがホームページ〜わかりやすく、楽しくまんがで伝えます!特にBtoCには、マンガが強い! あなたの想いを引き出し・かみくだき、楽しい“まんがチラシ・まんがパンフレット・まんがホームページ”で表現します。その想い、きっと伝える!!

PRマンガの主人公は、あなたの理想のお客様

マンガでもっとも重要な要素はキャラクターとストーリーの2つ。
今回はそのうちのキャラクター、中でも最も重要な「主人公」についてご紹介します。


マンガ販促における「主人公」とは誰でしょうか?

その答えは、あなた(企業)ではなく「お客様」。


もっと言えば、

こんなお客様と付き合いたい!こんなお客様のお役に立ちたい!

という『理想のお客様』です。

 

主人公のイメージを明確にする

『理想のお客様像』が曖昧(あいまい)だと、伝わるものも伝わりにくくなります。

お客様像が、曖昧な場合

性別・・・男女

年齢・・・20歳〜50歳

住んでいる場所・・・関東から関西にかけて

家族構成 ・・・ 人による

ファッション・・・ 人による

性格・・・明るい人も暗い人もいる

何にお金を使っているか・ ・ ・色々

???
まったく人物像がイメージできませんよね^^;

お客様像が、明確な場合

性別・・・男性

年齢・・・小学4年生

住んでいる場所・・・東京都練馬区

家族構成・・・父、母

ファッション・・・長袖、半ズボン、メガネ

性格・・・昼寝が好き、勉強も運動も苦手、臆病だが正義感が強い

何にお金を使っているか・・・ギャグマンガ、乗り物のプラモ

 

なんとなく、人物像が見えてきませんか?
(あれ? どこかで見たことあるかも?・笑)

主人公を明確にするワーク

性別、年齢、住んでいる場所、普段いくお店、好きなブランド など、など・・・

スタッフみんなで考えてみましょう。

雑誌やネットの切り抜きを貼ったりしてもイメージしやすいですね。

だんだん、知っている誰かの顔が浮かんでくるかもしれません☆

 

このように、絵にできるまで具体的にお客様をイメージすることで

人物像(考え方や価値観)や生活環境が見えくると、以下のようなメリットがあります。

理想のお客様像を明確にするメリット

社内でイメージが共有できる!(共通認識)

理想のお客様像を社内で共有することで、

打ち合わせでも共通のイメージを持つことができます。

全員で共有することで、会社外でもお客様候補が目につき

スタッフ自ら新たなPR案を見つけてくるかもしれません。

意思決定までの流れが想像しやすくなる!(ニーズの把握)

お客様像が明確になることで、

 

・どんな悩みを持っているのか?

・どんな欲求があるのか?

・どのタイミングで依頼するのか?

・依頼を躊躇うとすればどんな理由か?

 

など、ストーリーに重要な意思決定までの顧客心理が見えてきます。

*対象となる人々にアンケートをとることで、よりニーズが具体化します。

 

また、主人公の視点で思考することで、微妙な気持ちの動きを汲み取り

販促心理につなげることもできます。

アプローチの手段が具体的になる!

行動範囲や、普段目にする媒体などがわかれば、

 

・ツール = チラシ、DM、パンフレット、WEBコンテンツ など

・媒体 = 展示会、WEB媒体、SNS、ブログ、新聞折込 など

・タイミング =決算、季節行事 など

 

いつ、どこで、どのように伝えれば、より効率的なのか

アプローチ手段が具体的になります。

広告制作者に指示がしやすい

どう指示していいか分からない、何をお願いしたらいいか分からないという場合
または指示した内容しかアイデアが出てこないという場合


制作会社との打ち合わせ時に、お客様像を伝えることができれば
キャッチコピーやビジュアルデザインなどのアイデアも『自発的に』出てきやすくなります。
逆に「明確なお客様像がない」となると、制作会社も困ってしまい、

広告やデザインもチグハグなものになってしまいます。

 

ちょっと本題からずれてしまうかもですが、

人は(会社も)毎日多くの『選択』をして生きています。

その選択に影響を及ぼすのが、目的です。

目的に応じて、意識して選択していくことはもちろんですが、

脳は無意識にも選択を繰り返しています。

その無意識の積み重ねをコントロールするためにも

『理想のお客様像』を明確にすることが大切だと考えます。

 

このように、こんなお客様と付き合いたい!こんなお客様のお役に立ちたい!

という『理想のお客様』が明確になると、メリットは様々ありますので

ぜひ一度、お試しくださいませ☆

以上、最後までお読みいただき、ありがとうございました☆

 

今回は、『PRマンガの主人公は、あなたの理想のお客様』について

ご紹介させていただきました。

 

皆さんのご参考になれば嬉しいです^_^

この記事を書いた人

まんが販促のプロ キタデザイン

キタデザイン代表 マンガ販促のプロ 北出吉和

プロフィール:

2008年創業/北は北海道から南は沖縄まで日本全国に限らず、海外からも依頼を受ける。キタデザインは「ただマンガを描く」というだけでなく、広告デザインの専門家としても20年以上の実績をもつ「マンガ販促のプロ」がシナリオから作画まで一貫して制作。 独自のヒアリングシートを元に客観的に御社の特徴を把握し、お客さまのお客さま目線でマンガツールに凝縮し、分かりやすく・やわらかく・楽しく・読み手に伝える。


ご興味のある方は、無料相談もご活用ください