フリーランス 電話の心得

実際、心得というほどたいしたものではないですが、
これからフリーランスを始める方が、少しでも円滑に
お客様とコミュニケーションがとれるよう記しておきます^_^

※やり方というよりは、心の持ちようのお話です☆

その1

携帯電話にかかってきた着信に出るときは、必ず自分の屋号と名前を伝え、かけた先が間違ってないか?という不安を相手に与えないよう気をつけています。

知らない番号の場合は、新規のお客様かもしれませんので、なおさらです☆

※うちは、代表電話もすべて携帯に転送しています。

 

 

その2

貴重な時間をさいてお電話くださったお客様が、要件を確実に残せるように携帯電話の留守電は必ず設定しています。

 

その3

初めて連絡して来られるお客様は、相手の顔が見えない電話に不安を感じているはず。そんなお客様に通常のテンションで話すと、余計に冷たく感じられると思うので、ちゃんと顔を笑顔にしていつもの1.5倍の明るさで落ち着いて話すよう心がけています。

 

自分からお客様の代表電話にかける時も同じように、しています。会ったことも付き合いもない相手からの電話は、声の印象が全てになりますので、担当者に気持ち良くつないでもらえるように心がけています。

 

番外編

携帯電話のマイク付きイヤホンやハンズフリーイヤホンは、必ず一度聞く側に立ってみることをオススメします。

機種によってはなかり雑音を拾うものがあるので、お客様に繰り返し小さなストレスを与え続けることになります。このような小さな事の積み重ねが、疎遠を生む原因となる場合もありますので、気をつけましょう☆