「黒い友達」の巻

「黒い友達」


モンスターは独りぼっち
真っ暗な穴の中

ある時、星が降ってきました。
燃える星はあたりを照らしました。

すると
穴の中にもう一人います。

呼びかけても
返事はありません。

手を振ってみると
相手も振りかえしてくれました。

もっと良く見ようと近づきます。

モンスターはビックリしました。
近づくと相手がみるみる縮みます。

慌てて離れると、こんどは
どんどん大きくなります。

伸びたり縮んだり。
黒い友達はゆらゆら揺れています。

すごい友達に出会えて
モンスターはとても嬉しくなりました。

そのうちに黒い友達は
だんだん薄くなってきました。

燃える星も
だんだん燃えなくなってきました。

しばらくすると
あたりはまた真っ暗に
何も見えなくなりました。


だけどモンスターは、もう寂しくありません。
今は見えないけれど、黒い友達がきっと
そばにいるはずだから。