まんがチラシ、まんがパンフレット、まんがホームページ〜わかりやすく、楽しくまんがで伝えます!特にBtoCには、マンガが強い! あなたの想いを引き出し・かみくだき、楽しい“まんがチラシ・まんがパンフレット・まんがホームページ”で表現します。その想い、きっと伝える!!
まんがチラシ、まんがパンフレット、まんがホームページ〜わかりやすく、楽しくまんがで伝えます!特にBtoCには、マンガが強い! あなたの想いを引き出し・かみくだき、楽しい“まんがチラシ・まんがパンフレット・まんがホームページ”で表現します。その想い、きっと伝える!!

役立つ!販促マメ知識

あのお客様も、きっと大変に違いないと思い ご連絡してみると、こんなお答えが・・・ 「実は、いまだにあの「チラシをみました」というお問い合わせが、 ポツポツながらも途切れないんです!」

「○○」が分からなければ、販促ツールが無駄になる?! それはズバリ、お客様の「動線」です。 例えばサービスを売っている場合・・・・ どんな人が、いつ、どこで知って、なぜ興味を持ち、どこに連絡し、どんな手順でサービスを体験し、何と言って人に紹介するのか? などの「行動・思考」の流れが、「動線」にあたります。 マーケティング用語では...

新型コロナウイルスの影響で、オンライン飲み会や、オンラインお茶会をする方が 増えましたよね〜☆ 正直、リアルなお店で顔を付き合わせて呑みたい!という気持ちですが 今はしかたないですよね。。 ビデオ会議のツールも、ZOOMがいいのか? ROOMSか? MEETか? 様々に出てきていて、どれが良いのかさっぱり。 じゃあ、かたっぱしから試してみようということで キタデザインでもオンライン飲み会や、 オンラインカフェをやってみることにしました。

新型コロナのせいで、テレワークや ビデオ会議を余儀なくされている方の多くが ZOOM(ズーム)というビデオ会議ツールを利用して オンラインでの交流をおこなっていますね☆ もちろん僕も個人的に利用しており、 オンライン飲み会などを楽しんでいました。 簡単に使えるしこれは便利で良いツールだと、 3密を避けて自粛している、仲間と運営する関西クリエイターズコミュのイベントも、 Zoomを使ってやってみようという話になっていたのですが システムエンジニアの仲間が 「Zoomはまだ危険だから、それを知っていて他人には勧められない」と 様々な情報を教えてくれました。

先日、まんがポスター(パネル)を 納品させていただきました、路面店のお客様より 「『前からポスターを見て、ずっと気になっていたんですが、 ようやく来られました』という方が来てくださいました!!」 という、ご連絡をいただきました。 ・・・これ、掲載してたった20日ほどのことなんです。 でも、毎日前を通って通勤・通学される方にしてみれば、 行き帰りを合わせて、<40回も>目にしたことになるんですよね〜。 内容が結構デリケートなので、お客様の反応までに 時間がかかるだろうな〜と思っていたところでしたので、 驚きでした。 高価なもの、デリケートなものほど、行動のハードルは高いものですが、 回数接触することによって、お客様の腹も決まってくるのですね。 毎日、人目に触れる場所にあること、、、 生かさない手はないですね! →まんがポスターのページ

実際、心得というほどたいしたものではないですが、 これからフリーランスを始める方が、少しでも円滑に お客様とコミュニケーションがとれるよう記しておきます^_^ ※やり方というよりは、心の持ちようのお話です☆

請求書を入れるマンガ封筒
請求書を入れるマンガ封筒☆ 請求書だってお客様との大切なコミュニケーションツールです。書類を送るように送ってしまうのもつまらないですよね^_^

チラシの作り方講座(ヒント集)
 「営業ベタな人のための 自分販促術」第5回
営業ベタな人のための自分販促術 その5/「伝える」名刺・ホームページでは何をどう伝えるのが良いのか?

 「営業ベタな人のための 自分販促術」第2回
営業ベタな人のための自分販促術 その4/「伝える」名刺・ホームページでは何をどう伝えるのが良いのか?

さらに表示する